家族のような信頼関係を築いていける。

personal messeage

森橋夏海

生活支援員

様々な障がいを抱えた方々が、共同で生活を送られる場で、いかに本当の家のように安心して過ごして頂けるか、試行錯誤する中で学ぶことが沢山あります。

はじめは、利用者さんとお話させて頂くこと自体に緊張したり、右も左も分からない状態でしたが、利用者さんから沢山話しかけて下さったり、細かい部分を教えて頂いたりと、逆に支えて頂く機会が多かったように感じています。
また、ゆくゆくは自立をしたいという目標を持って、日々新たなことに挑戦される利用者さんから刺激をもらうことも少なくありません。

「生活をする場」である以上、心からリラックスして過ごして頂けるよう、利用者さんと家族のような信頼関係を築いていけることを、今の目標としています。

キャリアステップ

前職・
学生時代
入社当時
現在
目標
主にやっていたこと
法学部卒、自治会の生活支援団体に参加していました。
そこでの出来事
後輩の学生生活を支援する団体にて、学生同士の交流を深めてもらうためのキャンプ企画の運営や、レクリエーション企画の発案等の活動を行っていました。
大変なことも沢山ありましたが、後輩達から「楽しかった」という意見をもらえたので、ある程度成功に収めることが出来たのではないかと思っています。
経験を踏まえた感想
実行委員を務めていたため、人前に立って大人数をまとめるためのリーダーシップを身につけることが出来たと思います。
当時任された仕事
グループホーム内で利用者様の生活を支援する業務
その仕事について
ご飯の支度や掃除などの一般的な家事から、生活の中で生じた相談事を受けるなど、利用者様方に快適に暮らして頂けるよう、生活全般をサポートをしています。
自分の中でその仕事ができたかなどの感想
利用者様間のトラブルの仲裁や、相談事を受けた際の返答など、利用者様方が抱えてらっしゃる病状を把握した上で、もう少し的確な解決策を見つけることが出来たのではないかと思い返す部分があります。
今、主にしている仕事
グループホーム内で利用者様の生活を支援する業務
入社当時から振り返って何が変わったかなど
入社当時は、それぞれが抱えてらっしゃる症状に焦点を当てすぎていて、利用者様とどうお話させて頂いたら良いか分からず、上手くコミュニケーションが取れていなかったように思います。
今は、良い意味で利用者様それぞれの個性・性格であると思えるようになりました。
また、自分の中で健常者・障害を抱えている方との境界線がなくなり、1人の人としてコミュニケーションを取ることが出来るようになりました。
利用者様からも沢山お話して下さり、家族のように気心の知れたやり取りが出来るようになったので、安心して過ごして頂ける場所を少しずつ築けるようになったかなと感じています。
今のモチベーションについて
利用者方にとってはグループホームが「家」なので、本当の家のように過ごして頂けるよう、サポートしていきたいと考えています。
また、利用者様にとって安心出来る存在になりたいです。
これからどんな仕事をやってみたいかなど
グループホームでの仕事としては、ホームでの行事を企画し、移動支援をさせて頂きたいなと考えています。

募集要項

放課後等デイサービス
HARU

就労継続支援B型事業所
2ndぷれいす

グループホーム
1stぷれいす